お酒から骨董品までコレクターは多い|専門買取業者にお任せ

男性

希少性も評価しています

グラス

不要になったお酒は専門店で買取してもらいましょう。バーなどで不要になったウイスキーは専門店で買取を行なっています。貴重なウイスキーはプレミア価格での買取も行なっているので、そのまま処分したりせずに専門店に持ち込んで売却するようにしましょう。

詳しく見る

余ったお酒を処分するには

アンティーク

マニアが売買

ウイスキーと言えば、スコットランド、アイルランド、アメリカ、カナダ、日本が有名です。これらは世界の5代ウイスキーと呼ばれ様々な特徴があります。原料や蒸留方法も異なるために味も香りも独自のものを持っています。ウイスキーはアルコール度数も高く、保存状態が良ければ100年経っても風味が損なわれない商品でもあります。古いウイスキーをコレクションしているマニアも多く、高額で売買されることもあります。通常のウイスキーは新品でラベルや瓶が綺麗でないと買取は不可能です。しかし古いウイスキーは、希少なものほど瓶やラベルの状態が悪くても高額で買取されることが多いのです。中には美術品としての価値を認められるようなボトルもあります。

捨てるよりお得

お酒の買取を知らずにリサイクルショップに持って行く人もいます。しかし、業者に買取査定してもらうほうがはるかにお得なのです。ウイスキーやワインなどは古いものなら銘柄や種類によっては思いがけない高額査定になることもあるのです。古くなったからもう飲めないと考えて捨てるより、買取業者に査定してもらえば高額でなくても現金化することができるのでお得です。お酒の中身を捨てて大量の瓶をゴミに出すのももったいないことです。買取業者なら出張査定に来てくれてお酒を全て引き取ってくれます。重い瓶をリサイクルショップやゴミ捨て場まで持って行く必要もありません。どの業者を選んだらいいのか迷うところですがインターネットの口コミなどを参考にするのもいいでしょう。

安心して利用が可能

コレクターと言えば、骨董品を趣味で集めている人も香川には多くいます。骨董品も買取専門業者に売ることが可能なので、お酒を売るときと同様に査定をしてもらいましょう。香川でも買取を行なっている業者のサイトには、鑑定士の顔とプロフィールなどを掲載しているところもあり、どういった人に査定してもらえるのかが一目でわかります。ですから、とても安心ですし利用しやすくなっています。